ひつじです


「モテ期が来た!」と友人が鼻息を荒くして語っていました



その友人は4年間ほど彼女がいなかったのですが
最近、転職を機に職場で出会った女性と
付き合うことになったそうです



しかも同時期に3人の女性から言い寄られて
その中から彼が選ぶ…という状態だったんだとか



確かに4年も彼女がいなかったのに
いきなりそんな状況になれば鼻息荒くもなっちゃいますね



ハーレム漫画の主人公になった気分でしょう
(トラ●るとか、い●ご100%とか)




ただ話を聞いてるとそのカラクリは
とてもシンプルなものでした



急に運気が上がったとか

突然、女を虜にする能力に目覚めたとか

ある朝、神からお告げを受けたとか



そんなオカルトなことではなく
しっかりと理があって納得できます




要は以前の職場の環境が
ヤリチンになるには不適切だったのです




彼の職場は男だらけの職場でした
女性は事務のおばちゃんだけ


話を聞いただけでも女っ気がありません



さらに職場の男性の年齢層が高く
既に既婚者も多かったことから
合コン、他人の紹介も期待ができない始末



女性との触れ合いがあるのはせいぜいキャバか
事務のおばちゃんとの世間話程度だったそうです




そんな環境で朝に仕事に出掛け、夜に家に帰る
家に帰ればネットするかテレビを見るかの2択



そのサイクルの生活を365日続けていれば
そりゃあ彼女を作るのは難しいでしょう




彼に彼女がいなかったのは
彼の実力不足が原因だったのではなく
そもそも相手がいなかったからなのです




現に彼は若い女性がいる職場に転職することで
女性との出会いが増え、友人から女を紹介してもらう機会が増えました




もちろん環境が変わったからといって
誰もに突然モテ期が来るわけではありません



女性の恋愛感情を刺激できなかったり
会話が苦手な男性は女に囲まれる環境でもモテることはないでしょう




でも地力が備わっているのであれば
彼のように環境が変わるだけで大ブレイクの可能性もあり




3人に言い寄られるなんてことはなくても
彼女一人、セフ レ候補一人と巡り合うのは難しくありません




「最近、生活に女っ気がないな~」というのは危険信号ですので
危険信号を察知したら生活のサイクルのどこかに
出会いを求める行動を入れ込むのがお勧めです



ベタなとこだと出会いパーティー、相席居酒屋
ジムに通ったり習い事でもいいでしょう


時間を作るのが難しいのであれば
出会いサイトを利用するのもいいです


では、ひつじでした



追伸


恋愛教材のレビューサイトを新設しました。


こちら⇒恋愛商材レビュー&ランキング!ひつじの館


過去に書いたレビューも
昔のものは3年近く経っているので
新たな解釈を加えて書き直中です(^^)



今後、新しく記事を書く際には
こちらにドンドン書いていくつもりです



もし興味があればそして探しているスキルがあるなら
参考に役立ててみてください