どうも、ひつじです



イメージと現実の違いというものは
世の中の何にでもあるものですが男女の関係はその宝庫です



僕も昔は勝手な想像で「恋愛ってこういうものだ」と変な決めつけをしてました



例えば


・告白もプロポーズも男がするもの

・性欲が強いのは男だけ

・浮気は男の代名詞



というように。




でも実際は違うケースも多々ある
…というより男女で差がないことも多いです




もちろん男女には違いがあるし
物事の考え方、捉え方も結構違います



大人に育つまでの環境も違うし
友達同士でのルールも男女で異なります




だから異性のイメージってぼやけてて
ハッキリとは見えないことが多いんですよね




特に女性との付き合いがあまりないと
変にイメージばかりが強くなりがちです





例えば「浮気は男がするもの」という思い込み


実際は男女の差はほぼないですし
むしろ僕の周囲では女性の方が多いぐらいです



以前、雑誌ゼクシィのアンケート結果で
浮気経験率38%という内容に触れましたが


僕の過去の体験談や周囲の人たちの話を聞く限り
このデータには信憑性はあるな、と感じます



でもそれは「女の方が倫理が低い!」とかではなくて
男より女の方が環境的に浮気しやすいからですね(^^;)



男はヤりたくなっても相手を見つけるのは大変だけど
女はヤリたくなったら誘えば男がほいほいついてきます


そもそもハードルの高さが違うわけです
(だから思い立ってから行動までのスピードが全然違う)



あと性欲が高いのは男だけというのも思い込みで
実際は女の子も性欲がありますし
良いムードになればそりゃヤリたい、挿れられたいと感じます



ただ女性は理性のハードルが高いので
性欲が昂ぶっても口にする子は少ないです


なので男側はいかに空気を察して
上手くリードするかのスキルが求められます



中には性欲ガンガンで
車の中でもセクロス求めてくる子もいるけど


そういう子もいつも積極的なわけじゃなく
「その日はたまたまムードに乗って…」
ということもありますからね(^^;)




やはり基本的には男性側がリードしていく方がいいでしょう



つまりヤリチンになるにはこの2つのスキルが必要



●性欲が昂ぶる空気を作るスキル

●理性のガードを外すスキル




この2つが出来ればワンナイトラブは頻繁に起こるし
彼女と倦怠期になりにくいです



ヤリチン目指すなら優先して取得しておくべきスキルですね(^^)




この2つをいつでも発動できれば


ルックスが平均点以下だったとしても

お金持ちじゃなかったとしても

マシンガントークなんかできなくても


狙った子と裸で抱き合いながら汗だくで腰振りあうってのは
そこまで難しいことではないです



メルマガでも色々と役立つ知識をプレゼントしてるので
興味があればゲットしてみてくださいね

ひつじのメルマガ(無料プレゼントも配布中)



追伸



理性のガードを外す方法として
最も有名なやり方は『お酒』ですね。



古今東西、男は女を落とすために酒の力を利用してきました。



もちろん無理矢理酔わせて合意なしに襲うとかは絶対駄目だけど
良識の範囲内で使用するなら最高に使い勝手が良いアイテムです。




後は場所



人の目が無い方が大胆になりやすいのは当然なので
勝負を仕掛けるのは個室がいいです


尚且つ照明も明るいより薄暗い方が良いムードが生まれます
(カラオケボックスや個室の店など)




トーク力が大事なのは当然ですがトークを柱にしなくても
利用できるものを利用し倒せば有利な状況はいくらでも作れます



自信がない人ほど用意周到に準備してデートに臨むのがお勧めです(^^)