どうも、ひつじです



前回昔の職場の友人から
恋愛相談を受けたことを書きました


前回の内容
複数の男が狙ってそうな女性を彼女にするには




前回の話を軽くおさらいすると




彼の好きな女の子が彼氏と別れた

だから狙ってみようと思った

でも多分ライバルも多い

ライバルは彼女を落とすために金も時間も使ってくる

彼が勝つには彼も時間やお金を使わないといけない





という話です




女の子一人落とすには時間もお金もかかります


先行投資のようなものと思って
惜しまずに力を入れた方がいいですね




でもそのベクトルを間違うと
逆に女性からの評判を落とします





以前このような記事を書きました

恋愛の為の努力の方向を間違った後輩…



前回の記事で書いた彼と
上の記事の後輩は境遇が似てます



お金と時間の使い方で
アドバイスしたというのも同じでした




この後輩は8年間彼女がいなかったので
相当欲求不満が溜まっていたらしく




月に何度も合コンに参加したり
連絡先を交換した女の子とLINEや電話をしたりと
しっかりと行動は行ってたのですが
絶望的にお金の使い方を間違ってました




上の記事にも書いてますが僕が
「今、恋愛で成功するためにやってる事は?」
と聞くと彼は自信満々にこう答えました




「女の気を惹く為に10万のライダースジャケットを買ったぜ」




見た目に投資するというのは
決して悪いことではないですが



だからと言って女性の気を惹くという目的で
10万円のアイテムを買うというのは
投資した費用に対してリターンが薄いとしか言いようがありません




実は彼のようにブランド物や高級品によって
自分の評価が上がると思ってしまう男性は多いです




高級時計、高級車、ハイブランドアイテムなど




無論モテる目的を除けば
どんな服を買おうが自由ですし
何にお金を使うのも自由です




ただそのようなアイテムを持てば
女が目の色を変えて飛びつくかというと
そういうわけでもありません
(中には例外もいますが)



キャバみたいに目利きできる女性ならまだしも
普通の女性はまず気付きませんからね




80万円のロレックスも
2万円のシチズンも見分けることはできないし
そもそも興味がないというのが大半の女性の意見でしょう



かと言って自分から
「俺の時計ロレックスだよ」などと言うと
まるで蛆虫でも見るかのごとく
寒い視線でどん引きされます



世の中の女性の多くは
男が自分を大きく見せようとする言動を
とことん嫌いますからね




同様の理由から
「無理してるんだな」と思われてもマイナスです



例え10万のライダースを着てても
それをローンで買ったと思われれば
身の丈に合わない消費をする人物だという
悪い印象を持たれるでしょう



僕の知り合いの女の子は
彼氏がアップルウォッチをローンで買ったのを聞いて


急激に彼との将来への熱が冷めて
別れを決意したという子がいました
(それだけが原因とは思いませんが)





もちろん認知度も高いブランドならば
多少は「おっ」と思わせる効果があるので
まったく無駄だとも思いません




物凄くイケメンでスタイルが良いなら
ファッションへの投資も大きな武器になるでしょう




物凄く資産化で金持ちなら高級品で身を固めたとしても
ステータスとして認識されるでしょう




ただ僕を含めて自分は普通だ、と思っている人は
そっちの方向での勝負はしない方がお勧めです




いくら良い服を着ようが
僕らは山崎賢人にも福士蒼汰にもなれません




それよりやっぱり
学びや経験に対してお金を使った方が有意義です



10万円もあるんなら
合コンや出会いパーティーに参加するとか
女の子とサシで食事に行くとか



そういう実践経験を増やして
女性との接し方や会話の仕方を学ぶ方が
モテるという目的への近道です




1、2万円出して豪華なディナーを御馳走して
評価点を稼ぐってのもいいでしょう




男がどんな服着てたとか
どんな車に乗ってたとかよりも



自分が何を食べたかとか
どんな楽しい気持ちになれたかとか
そういうことの方が心に残るものです



経験やスキルは得れば失われないので
使い捨てになることはないですし
今後の血となり骨となります



時間やお金を使うのは確かに大事だけど
そのベクトルは間違えないようにした方が
損する気持ちは少ないと思います



恋愛教材の一覧や評価点はこちらを参考にどうぞ


ではひつじでした



追伸



そういえば前回の話の彼
「とりあえず食事に誘えば?」
という話で終わりましたが



サシでの食事にはあっさり行くことができたそうです




誘う前には緊張したけれど
会話は意外とサクサク進んで
しっかり盛り上がれたとのこと




軽い口約束ではありますが
また食事に行こうと約束もしたみたいだし



これはクリスマスまでのゲットも
絵空事ではないかもしれません