ひつじです。



僕の友人にT君という男がいます。



ヒョロっと背が高くて顔はシュッと綺麗な顔立ち。
しかし何処か幸の薄そうなインパクトの無い男で
あだ名は何故かメッシ(似てないのにw)。



というのがT君です。



そんなT君とは最後に会ったのは去年の丁度今頃で
その時期には頻繁に恋愛相談に乗ってやってたりしてたんですが



T君から久々にLINEで連絡があり
意中の女の子への2年間の片思いが実り
体の関係まで進む事が出来たという話でした。
(付き合ってるのかは不明)



T君は男同士で話してる時にも気弱で
レストランのメニュー決めも決まって一番最後という



典型的なヘタレ系男子でした。



そんな彼に相談されたのは



「歳の離れた彼氏持ちの女の子に恋してしまった」



というもの。



出会いは某アプリゲーム、つまりネット経由らしいんですが
彼は第一印象から彼女に惚れてしまい



以来、約2年間ほど片思いを続けていました。



実際に電話したり会ったりとかは
頻繁にしていたらしいんですけどね。



新幹線使わないと会えない距離の女の子らしいんですが
わざわざ毎回料金を払って会いにいく彼の心意気は凄いです。




彼女は彼氏があまり途切れない女の子で
頻繁に入れ替わりがありますが常に彼氏がいました。



始めはそれでも良かったみたいなんですが
親密度が上がるにつれて、彼女はT君に彼氏の相談なども持ち掛けます。



彼にとってはそれが段々と辛くなり



諦めるべきか、彼氏と別れるのを待つべきか



という事で悩んでいました。




もちろん、そんな相談をされて僕が勧めたのは



奪い取るって選択肢もあるんじゃない?



という事です。



弱気でヘタレなT君ですので
最初は何かと理由をつけて
それを回避しようとしてましたが(笑)



でも全部「そりゃ、本当はそうしたいけど…」
という前置きを置くんですよね。



という事はやっぱり願望的には
彼女と付き合いたいし、あわよくばヤりたいのが本心です。




じゃあ、心のままに行動してもいいんじゃない?
ということを僕は彼に伝えました。




もちろん、適当に言ったわけではありません。



T君ならそれが出来ると僕は思っていました。




何故ならT君には、あるスキルがあったからです。



当のT君本人は気づいていませんでしたが
実は他の多くの男が持っていないスキルを彼は持っていました。




それは、女性を心地よくさせるスキルです。




彼は女の子に限らず人の話を絶対に否定しません。



これは自分の意見を通せない友好的な
彼の性格によるものだとは思うのですが



彼は、相手のどんな意見も聞き入れて
まずそれに共感をしめすというスキルを持っていました。
(多分、意図的ではないので無意識です)




つまり、天性の聞き上手だったわけです。




だからT君は女の子にとって
特別な男友達になりやすいです。



女の子からしたらT君との会話は
全てを受け止めて共感してくれる心地いいものだからです。



だからこそ、彼氏の事みたいに
デリケートな相談もされやすいんですね。



そして、女の子は
心地良い空間は守ろうとします。
(安定を求める女性は多いですよね)



女の子に限らず、ほとんどの人は
優越感を感じられたり心が安らぐ空間を守ろうとします。




つまりT君はすでに彼女から見て
守ってすがりたくなる存在だったという事です。




もちろん、安心感だけで恋愛には発展しません。
そこにある程度の刺激というものが必要です。




T君の性格は悪い風に捉えると優柔不断なので
女の子から嫌悪される側面も持ち合わせています。




ただ、僕はもうその優柔不断なヘタレ性格に関しては
無理をして直すようには伝えませんでした。



ボロが出そうな気がしましたし
そんなすぐに改善するように思えなかったからです。



代わりに伝えたのは二人で会った際に
ちょっとした刺激を加えて雰囲気を作る事です。




具体的に言うと


女の子との心の距離の縮め方はもう上手いんだから



あとは物理的な距離を埋めていくことや
その場の空気を「やっちゃう?」



みたいに変化させていく方法です。



前の記事でも書いたような内容ですね。


前の記事⇒女の性欲を全開にさせる。




それ以来、彼とは会ってなかったし
あけおめメールさえもしなかったんですが



結局、晴れて狙ってた女の子と関係を持てたみたいで
「相談に乗ってくれてありがとう」という内容の連絡がありました。




と言っても、本当に僕はちょっとした事を伝えただけで
彼が元々、しっかりと「聞き」のスキルを備えていた事がでかいです。



●しっかりと話の腰を折らず最後まで聞く。

●否定や自分の意見を通さず共感と肯定をする。




女の子にとって特別な相手だと認識させるには
まずそれが絶対条件ですが彼はそれを満たしていました。



もちろん、それはただの聞き上手であって
モテる聞き上手では無かったので
多少、空気の作り方とかも教えました。



彼みたいに、どんどんトークが出来ないタイプの男性は
女の子側に話をさせていけば空気を作ることができます。



どんな内容の話をさせるのかは
ある程度、誘導してやる必要がありますけど



そんなの質問をしたり話題を振るだけで良いので
そんなに難しいことではありません^^



参考記事⇒聞き上手な男になるにはどんな会話をすればいい?




でもとりあえずまずは、
女の子から見て何でも話しやすい存在だと
認識を与えるところからスタートしてみてくださいね。





では、ひつじでした。