先日、Y氏と一緒に
友人が主催するイベントに遊びに行きました。


夜通しライブハウスを貸し切って、


バンドのライブあり
マジシャンのマジックあり
ダンサーのダンスあり
ジャジーなBGMでの座談会あり


というイベントでした。


Y氏はこういうイベント事が大好きなので
ガンガン知らない男女の友達を作って

輪の中心でイベントを最大限楽しんでました。


僕は…というと、
大きい音が常に鳴ってる空間って実は苦手で…

数時間なら全然良いんですけど
長時間耐えることが出来ない人間です(^^;)

お酒も入っていることで
だいぶグロッキーになっていました。



朝6時くらいにイベントが終わって
関係者だけの打ち上げに呼ばれました。


関係者の方が営業しているバーを貸し切って
10数人程度で楽しくおしゃべりです。


ようやく、楽しめる空間になった所ですが
一夜明けてたこともあり、すでに眠気もピークに…。


結局、いつの間にかY氏は女の子と居なくなってるし
僕は女の子ハントもせずに友人の隣で

半分寝ながらみんなの会話を聞いていました。



イベント事を開くような人間の集まりですから
当然、男性陣はみんな女の子への関心は高いです。


今日は誰々と、どの女の子が良い感じだった。

とか

○○が影でキスしまくってた。とか。



アフターフォロートークが始まります。



しばらくはそんな感じで
今日の反省や報告という内容だったんですが

途中からこんなトークになりました。



「いやー、しかしチャラい男ってさ
その場限りの関係が多くて本当の愛とかは手に入らないよね」


「そうそう、数だけ多くても
1年以上付き合えた事ないだろ?っていう笑」



まぁチャラ男=ヤリチンでしょうね。



と、言いながら
イベントに集まってる友人は

それなりにワンナイトラブを誘発する
世間的に見りゃ十分なヤリチンなわけです。


主催者である友人は、
しょっちゅうお客の女の子と
イベント後にラブホに入ってますし。


だから、他人へのディスというよりは
自分達への自虐的な会話のノリですね(^_^;)



確かに、ウェブ上のナンパ師さんとかも
一夜で出会った相手はリピーターになりにくい

という事をよく話しています。


その場限り、一回だけの
関係性になってしまう事が多い、と。



同じような事を彼らも感じているんですね。

イベントを開催する事に
新規の女の子なんかやってくるから
別に困った様子ではありませんが。



しかし、この場にY氏がいたら
この会話を聞いて爆笑してた事でしょう。


「いや、俺はそんな事ないけど?」


そう言う彼の姿が目に浮かびます。


僕と、主催者である友人も
そのような気持ちになりながらも
ただ黙って会話を聞いていました。



僕やY氏、そして友人数名は
こういうイベント事やナンパで出会った女の子が

1年2年と付き合いが続く関係になる事が
珍しくありません。


多分、今日Y氏と消えた女の子も
今後長くY氏と付き合いを持つと思います。


僕らは逆に、一度関係を持った女性と
その場限りになる事の方が少ないんです。



それはなぜか?っていうと


『心』も『体』も両方支配していまうからです。


まぁ、実際には『心』か『体』の
どっちかでも十分大丈夫ですが。


まずは、恋愛感情をグッチャグチャに揺さぶって
心を支配してしまった後に

ベッドの中で、かつて体験した事が無いような
大きな快感を与えてやれば

『体』も支配する事ができます。


そうなれば、彼氏がいようとなんだろうと
呼べばホイホイ家に泊まりに来るようになることも


別に珍しいことではありません。



Y氏が抱えるセフレの中には

デートは彼氏と、セックスはY氏と
分業している女の子までいます。


主催者の友人もかなりのやり手です。

彼には超美人な彼女がいますが
それでも毎日のように別の女性が
彼を求めて連絡をバンバンしてきます。


僕もそういう関係の女性が多いことは
過去記事とか見てもらえば解ると思うんでもう説明しません。


それも『心』『体』両方を
しっかりと制圧できているからです。



それができれば逆に

「本当の愛が手に入らない」

なんて事はあるはずが無いんですよね。


選択肢が常人の倍以上もあるんですから。


長く続かないなんて事もありませんよ。
ほっといても連絡してきてくれます。
(もちろん、多少こちらからもしますが)


ただ、会話の中でそれを突っ込む者はいませんでした。
別に突っ込む必要も無いことです。

みんな楽しく会話してるだけですし
言ってる本人達も実は解ってながら自虐してるだけなので。


結局、朝8時くらいに
フラッフラになりながら帰りました。



結局、Y氏とはその後会えず(笑)
後日「すまぬ」というメールが一通届いてました。